空室率上昇(*_*)

  • 2016.11.30 Wednesday
  • 08:33

おはようございます!

 

 

 

 

今日は、天気快晴☀気分爽快!今日も一日頑張りましょう!

 

 

 

 

弊社、新規マンション情報は、こちらになります。どうぞご覧ください。ハウジング・ハーモニー優和

 

 

 

 

さて、今日の話題「空室率上昇」です。オーナーチェンジマンションをご要望のかたは、空室リスクということをまず考えるようにしてください。利回りが高いから良いとかいうのは、もう時代遅れとなりつつあります。

 

 

 

 

投資用マンションで一番気にしなければならないのは、賃借人の状況と空室リスクです。賃借人のかたが賃料を払ってこなければ利回りなどは、絵に描いた餅ともなりますし、退去後に賃貸人募集をしても入居が決まらなければ、マイナスになります。

 

 

 

 

なので、空室率というキーワードは特に事前に注意してから購入を計ってください。空室率については、こんな記事も出ています。

『不動産調査会社タスの調べによれば、首都圏の賃貸アパートの空室率は2015年半ばから上がり始め、神奈川県では35%超に達している。千葉県、東京23区も34%前後へ上昇。3室に1室が空室というありさま』という情報です。

 

 

 

 

この記事をみると投資マンションは、かなり危険があるのではと想像してしまうかたもいると思います。答えは、その通りです!空室リスクは、間違いなくあがっています!

 

 

 

 

空室率急上昇の原因は、新築アパートの供給過剰が原因となっています。そしてそのきっかけが2015年の相続税大改正です。

 

 

 

 

2015年以前の相続税の控除は、5000万円+法定相続人の数×1000万円となっていたのが、改正後3000万円+法定相続人の数×600万円と相続税がかかる方が増えてしまったことが背景にあります。

 

 

 

 

アパートを建築すると相続税対策になり、相続財産の評価は、現金で保有しているより、土地・建物に換えたほうが3割ほど低くなるうえに、賃貸に出せば、そこからさらに2〜3割下げられるということからアパート建築が急増しました。

 

 

 

 

その結果記事のような内容へとつながっています。空室リスクは、あがっているのでこの点をしっかりと把握しながら、投資マンションを探してください。空室リスク対策をするのに何が必要かをいうと答えは賃借人の事をしっかり考えることです。

 

 

 

 

住みやすいが一番の答えにもつながります。住みやすい投資マンションをお探しになることがこれからのマンション探しには、一番重要ともなっくるので安易に利回りだけ追わないでください。

 

 

 

 

オーナーチェンジマンションをお探しでお悩みなら、中古マンション専門の弊社までお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

さあ、今日も一日頑張りましょう!

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.12.09 Monday
  • 08:33
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM